スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ゆーじ。
 
[スポンサー広告
お客様。
明日研修。

会社の理念についての教育とのこと。

研修前に考えてきてほしい事があるそうで、
お客様とは何かと言うこと。

これまた難しい。

北野優二は会社は木といった。人といった。
人の集まる木であると。
木に集まる人が会社でもあると。

ならお客様は――

人、ですかね。
企業とか利潤とか、ワシわかりません。
会社という組織のかのじもわかっていない入社したての私が、
利潤や信頼の度合いはわかるはずないです。
分かったとして本当にそれで合ってるのか、分かったつも
りになってるだけか。

分かるのは、わしが接しているのはお客さんであり、一人の人です。
それ以上でも以下でもない。

サポートしてる私ですから、悩みがあって電話してくる方が100%。
その人の質問や
悩みを聞いて、解決する。
それは私らが友人の悩みを聞いて、答えを出すのと同じなんだと思う。
だからお客は人。
言葉遣いや立場はあるけれど、私が話しているのは悩みを持った一人の人です。

だからお客様とは人です。



よし、答えでた。これで勝つる!

あ、眠い。
スポンサーサイト
Posted by ゆーじ。
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。